StrikoMelter CombiMelter(コンビメルター)

フレキシブルなアルミ溶解炉

StrikoMelter CombiMelter (コンビメルター)

主なメリット

インゴット、リターン材、切粉の溶解

高いエネルギー効率

最適化された金属品質

コンパクト設計、カスタマイズ可

主な特徴

  • 専用チップポケットを備えた実証済みのStrikoMelterシャフト技術
  • サーキュレーションポンプで均一な熱分布と均一な溶融を実現
  • コンパクトなサイズと多様な仕様範囲で、すべての鋳造設備に適合します。

アプリケーション

  • 効率的にアルミ切粉やリターン材を溶解したい鋳物工場
  • 低圧ダイカスト
  • 高圧ダイカスト
  • 砂・重力鋳造

ニーズに合わせたフレキシブルなアルミ溶解

鋳造作業の一環としてアルミインゴット、リターン材、切粉を溶かす必要がある場合でも、あるいはこれらの組み合わせが必要な場合でも、StrikoMelter CombiMelterは、エネルギーやスペースを節約し、より良い鋳造のために溶湯品質を最適化いたします。。

あらゆる面で経済的

StrikoMelterの実績あるシャフト設計は、予熱、加熱、液化を1つの高効率ユニットにまとめたものです。シャフトの下部で溶融した材料からの排気ガスを回収し、充填されまだ冷えている状態の材料を徐々に加熱するカウンターフロー原理を採用しています。チップポケットと併用して「複合溶解」を行う場合でも、エネルギー消費量を最小限に抑えることができます。

経済的にアルミニウムを溶解してリサイクルしようとする鋳物工場に適応するStrikoMelter CombiMelter(コンビメルター)は、コストを抑えながらあらゆる溶解の組み合わせをカバーします。

溶融品質を最大化するように設計されています。

エネルギーを最小限に抑えるだけでなく、当社のCombiMelter(コンビメルター)は、溶融品質を最大化するために特別に開発された設計機能とオプションも提供しています。

例えば、ドロスポケットオプションは、溶融物が保持室に入る前にドロスを簡単に分離・除去することを可能にします。チャンバー内では、最適な結果を得るために溶融物を優しく混合し、均一に加熱する特殊な循環ポンプにより、溶融物の品質がさらに維持されます。

チップ溶解機能を使用する場合、当社の技術チームは、サンプル分析に基づいて、使用するチップの種類や状態に応じて金属収率を最大化するように、お客様の特定のソリューションを調整することも可能です。

技術詳細とオプション

技術的な詳細

  • チップ溶融能力:300~1,500kg/h
  • シャフト溶融能力:2000~4000kg/h
  • 保持量:~16t

オプション

  • 溶融品質を向上させるドロスポケット
  • 大型化に対応したシャフトの大型化
  • 最適なシャフト充填のためのシャフトスキャナとバスレベルレーザー