StrikoMelter Ramp Melting Furnace(ランプ溶解炉)

容易な投入、確実な節約

StrikoMelter Ramp Melting Furnace(ランプ溶解炉)

主なメリット

柔軟な投入

高い溶解歩留まり

実証済みの技術

省エネルギー

主な特徴

  • ETAmax®シャフト+ランプの追加によりソー、Tバー、インゴット、リターン材の溶解が可能になります。
  • ランプ・シャフト溶融時のクリアガス消費量測定
  • 最適なシャフト充填のためのレーザーモニタリング
  • コンパクトな炉のフットプリント

アプリケーション

  • 高圧ダイカストマシン
  • 重力鋳造
  • 砂型鋳造

よりスムーズな大物の溶解

StrikoMelterのエネルギー、溶解歩留まり、溶融品質の利点が実証された上で、ランプ溶融炉は、標準的なリターン材やインゴットだけでなく、大型のソーやTバーを溶融する必要がある鋳物工場向けに特別に設計されています。大きなブロックを溶かしても、大幅に節約が可能です。

容易な投入 - ソー、Tバー、インゴットやリターン材など幅広く投入可能です。

ランプ熱の再利用、エネルギー消費量の削減

通常、Strikomelterの特徴的なETAmax®シャフトには収まりきらないほどの大きさのソーやTバーは、特殊設計されたランプで溶融され、このプロセスからの廃熱を溶融シャフトのリターン材の予熱に利用します。このようにして、二つの溶融プロセスはお互いを補完し合い、エネルギーを節約しながら柔軟性のある投入方法に対応しています。

その他のハイライト、技術詳細

すべての通常のTバーとソーに適した溶融ランプ

  • 大容量リターン材のための溶融シャフトの上昇
  • 溶解シャフト内の充填レベルのレーザーモニタリング
  • ランプとシャフトの溶融時のガス消費量を別々に測定

技術的な詳細

  • ランプでの溶解能力:~2.5 t/h
  • シャフトでの溶解能力:~3.0 t/h
  • 溶解保持量:~12 t

低メタルロス

液体アルミニウムの製造における最大のコスト要因の一つは、メタルロスです。StrikoMelterランプ炉はメタルロスを最小限に抑えます。反射炉と比較しても、大幅な節約が可能であり、すぐにプラスの効果をもたらします。

低エネルギー消費

ランプ炉からの排熱を溶融シャフト内のリターン材の予熱に利用できるため、Tバーとソーを溶融する際のエネルギー消費量は大幅に削減されます。したがって、反射炉と比較して、StrikoWestofenランプ溶解炉はエネルギーコストを大幅に削減することが可能です。

炉技術の進歩

お金の節約と品質向上