Schnorkle®(シュノーケル)の紹介: 市場で最も安全な溶湯搬送装置

Westomat®(ウェストマット) やメタルキャスターとの相性抜群

Schnorkle(シュノーケル)

主なメリット

コンスタントな流量

安全でシンプルな操作方法

誤差のない空圧制御

非常に高い安全基準

機能

  • 密閉式輸送システム
  • 溶湯の安全搬送
  • 最適化されたバーナーシステム
  • 機内脱ガス可

 

アプリケーション

  • 高圧ダイカストマシン
  • 高圧ダイカストマシン - 構造部品用
  • 砂型、重力鋳造

Schnorkle(シュノーケル)の利点

定流量

これにより、例えば、Westomatの充填ファンネルを常に最適な充填状態に保つことができます。

誤差のない空圧制御

溶融物を給湯炉や保持炉へ、または直接金型へ搬送 圧縮空気の供給 金属を供給する場所(例:Westomat)でクイックコネクトカップリングを使用してWestomatの圧縮空気システムに供給するか、またはリフトトラックに常設されたコンプレッサーを介して供給します。

安全でシンプルな運転原理

  • 鋳造装置に溶湯を供給する工程
  • 作業者と生産に安全で密閉されたシステム

非常に高い安全基準

  • Schnorkleの密閉容器をわずかに持ち上げるだけで、充填用ファンネルや充填口に到達します。
  • 閉鎖された輸送取鍋 - 溶融アルミニウムのオープン輸送は不可
  • 溶湯と大気との接触を最小限に抑え、溶湯品質を向上させます。
  • 密閉システムのため、温度変動やエネルギー消費量の低減がありません。

その他のアドバンテージ

  • Westomat給湯炉は低層建屋でも使用可能
  • フォークリフトやクレーンを使用して、鋳物工場内の移動が可能
  • シュノーケル本体にインペラを使用した溶湯処理が可能
  • 鋳物工場内の安全な溶湯輸送
  • 省メンテナンス性
  • 可動機械部品なし、ポンプなし、ふたなし/引出カバーなし

機能

Schnorkle(シュノーケル)は、溶融炉から給湯炉、保持炉、またはダイカストシステムに溶融物を安全に移送することができる密閉型の移送システムです。Schnorkleのカバーが開き、溶解炉のタッピングバルブから、または傾斜炉の油圧傾斜によって溶融物が導入されます。任意で溶融物を処理し、カバーを閉じた後、Schnorkleはフォークリフトを使用してダイカストシステムに搬送されます。密閉された移送取鍋に圧縮空気を供給することで、溶融物はWestomatの充填用漏斗に直接供給されます。これにより、アルミニウムの注入炉へのバランスのとれた層流充填が保証され、溶融物と大気との接触が最小限に抑えられ、再現性の高い充填工程が保証されます。

この新しいシステムのおかげで、フォークリフトを使用して高さを高くして開いたラドルを傾ける必要がなくなりました。これにより、潜在的な危険源がなくなり、作業の安全性が大幅に向上しました。このシステムの設計により、溶融物を別の容器に移すことなく、インペラーで処理して給湯システムに搬送することが可能になりました。このようにして、StrikoWestofenは鋳造工程の中で溶湯が受けるプロセスをさらに最適化します。

安全第一

Schnorkle(シュノーケル): StrikoWestofenのアルミ溶湯用密閉輸送システムは、従業員と設備を守ります。

人と設備の安全性:これは、特に液体金属を扱うアルミニウム鋳造工場ではホットな話題です。新しいSchnorkleでは、液体アルミニウムを溶解炉から溶解炉または保持炉まで密閉容器に入れて搬送し、搬送パイプを使用して、転倒することなく搬送します。このシステムでは、中央の溶融骨材とダイカストシステムの間のプロセスチェーンが閉じられているため、大気との接触がなく、最適な安全性と一定品質の溶湯が保証されます。

高いプロセス信頼性と労働安全性は、日々の鋳造作業を最適化するための2つの重要な柱です。このため、StrikoWestofen社は、溶融炉から給湯炉や保持炉まで高温の液体金属を安全に輸送することができる新しい輸送システムを開発しました。

"この革新的なアイデアの背景にあるのは、液体アルミニウムを扱うことによってプロセスの各段階で発生する可能性のある潜在的な危険を一貫して排除することでした。"これがエラーを確実に防ぐ唯一の方法です。また、鋳物工場の保険料を削減することも可能になります。

Schnorkle(シュノークル): 密閉システム

新しい完全閉鎖型Schnorkle輸送システムは、プロセスの信頼性と労働安全性を高めるためのソリューションです。Schnorklは溶解炉で直接充填されます。圧力密閉カバーは片手のホイールのみを使用して閉じ、フォークリフトトラックなどの搬送システムを使用して給湯炉または保持炉まで搬送します。圧力がかけられ、溶融物がこぼれる危険性のないライザーチューブを介して安全に給湯・保持炉に充填されます。このために必要な圧縮空気供給は、クイックコネクトカップリングを使用して現場で接続するか、フォークリフトトラックに搭載されたコンプレッサーで供給されます。Schnorkleでは、オプションですぐに取り付けられるコンプレッサーもご用意しています。このオプションを使用すると、溶融物を給湯・保持炉に移送することができ、オペレーターはフォークリフトトラックから離れる必要がありません。Schnorkleのおかげで、リフトトラックを使用して高さのある鋳造ラドルを傾ける必要がなくなりました。

溶湯品質と温度の安定性が向上しました。

インペラーを使用した溶融物の処理も、別の容器に移すことなく、Schnorkle内で直接行うことができます。この新しいシステムにより、ダイカスト工程が始まるまで金属の品質が保たれます。Schnorkleから送られてくる溶融物の流量を調整することで、低乱流の移送を可能にし、酸化物の生成を最小限に抑えることができます。Schnorkleは密閉型システムのため、熱損失が少なく、溶融物の温度を一定に保つことができます。溶融物を過熱する必要がないため、鋳物工場のエネルギー消費量をさらに削減することができます。Schnorkleシステムは、従来の取鍋予熱システムよりもガス消費量が大幅に少ない特殊な予熱ユニットによって完成します。

Schnorkleの詳細については、DISA株式会社までお問い合わせ下さい。

密閉式搬送システム

溶融処理 - インペラーを中央に配置可能

Noricanへのお問い合わせ

フォームをご記入ください。

Text