Westomat Plus+(ウェストマットプラス+)モダンな給湯炉

新たな給湯エキスパート

Westomat Plus+(ウェストマットプラス+)

主なメリット

モダンで新しいコンパクトデザイン

加熱棒に代わるオーバーヘッド加熱

サブフレームを取り付けた状態での納品

サブフレームは任意の位置に傾けることが可能

Features

  • Newコンパクトデザイン
  • 構造ダイカスト用延長ライザーチューブ
  • 給湯精度±1%

Applications

  • 高圧ダイカストマシン
  • 高圧ダイカストマシン - 構造部品用

WESTOMAT Plus+(ウェストマットプラス+)の利点

必要なスペースを大幅に削減した近代的な新しいコンパクトデザイン

  • Westomat Plus+ 1200 Sは、Westomat 900 SLの設置スペースに収まるようになりました。

加熱棒に代わるオーバーヘッド加熱

  • 機械幅を小さくして上部から簡単に交換可能
  • 最大3倍の長寿命
  • トランス不要
  • コランダム形成なし

 

サブフレームを取り付けた状態での納品 (1700までのサイズ)

  • 据付の時間を節約(プラグ接続と試運転)
  • より少ないスペースでの輸送が可能

 

サブフレームを任意の位置に傾けることが可能

  • 全てのポジションで清掃・空出しが可能です。

その他の利点

New空圧制御ユニット

  • より高い信頼性
  • 簡易なメンテナンス
  • ジャンクションボックス/暖房用ブロック石での漏れなし

サブフレームはオプションで全閉可能(密閉設計)

  • 鋳物工場の最も厳しい安全要件にも対応
  • ケガのリスクを軽減
  • 全く新しいデザイン

機能

坩堝を使用しないWestomat給湯炉は、液体アルミニウム用のクリーンで密閉された保持・給湯システムです。このシステムは、常に槽内の溶湯表面下から溶湯を汲出すように設計されているため、金属くずなどの不純物が混じることなく自動的にダイカストマシンまたは金型に搬送されます。

 溶湯を搬送するために、炉内を過圧します。これにより、まず上昇管内の溶湯のレベルがオーバーフローする直前まで上昇します(トップストップポジション)。ダイカストマシンが溶湯を要求すると、炉内の圧力が上昇し、溶湯が直ちに搬送されるようになります。あらかじめ設定された量に達した後、減圧して給湯工程を終了します。溶湯レベルがトップストップポジションに戻り、Westomatは次の給湯工程に備えます。

 新しい制御装置により、システムのセットアップと操作が「より容易」になりました。また、清掃やメンテナンスの必要性も最小限に抑えられています。システムの耐久性が証明されています。このシステムは、あらゆる圧力ダイカストシステムに統合することができますが、重力ダイカストにも使用することができます。Westomatの容量は450 kgから3,100 kgで、あらゆるサイズの鋳造部品に対応しています。新しいWestomat Plus+は、世界中のさまざまな用途での経験を考慮に入れ開発されました。

5000台のWestomatが販売されたということは、お客様がユニットを使用して収集した経験の5000例を意味し、これらの例は貴重であり、当社の製品開発にインスピレーションを与えてくれました。

 私たちは新しいWestomat Plus+のために、ハンドリング、測定技術、制御、給湯精度、スペース要件、加熱、空圧、そして最後に運転安全性を含めて、すべてをひっくり返しました。新しいWestomat Plus+は、その卓越したデザインで注目されています。これは、国際的に有名な機械デザイナー、ユルゲン・R・シュミット氏と彼のデザインテチームの作品です。私たちは、軽金属鋳物工場にも、工具店や部品製造で使用される工作機械の常識となっているものを提供したいと考えていました:顧客と従業員の両方に近代的でダイナミックかつ効率的な生産環境を提供し、楽しく働ける環境を作る機械装置です。