全速前進: 近化学量論的なバーナー調節による燃料コストの節約と金属酸化の低減

発行日時

最適な空気燃料比は、最良な結果を意味します。これはすべての燃焼プロセスでいえることです。StrikoWestofenがお客様の鋳造所に近化学量論的なバーナー調節のオプションを提供しているのはこのためです。この設定は、StrikoMelter融解炉の試運転時に一度だけ実施すればよく、その後、正しい空気燃料比が常に維持されます。これにより、エネルギー消費が最小化されるばかりでなく、金属酸化も低減されます。結果的に、投資はすぐに回収できます。

鋳造所の日々の操業において、多くの場合、過剰な空気が融解炉のエネルギー消費増加の隠れた原因です。StrikoWestofenのバーナー専門家Rudolf Hellenは、「空気燃料比に注意を払わなければ、文字通りお金を燃やしているのも同然です」と述べています。StrikoWestofenが経済的手法として近化学量論的なバーナー調節を提供しているのはこのためです。

一度の調節が長期的な利益に

燃焼空気比(λ)が1の場合、空気中の酸素が燃料ガスと完全に反応します。ガスの流量は計器で簡単に計測可能ですが、空気量を計測するにはより複雑な機器が必要で、燃焼空気システムに継続的な圧力損失が生じます。

「溶解炉の試運転時にエアフローを一度だけ測定すればいいというソリューションをお客様に提供しているのはそのためです」とHellenは説明しています。「これを行うために、私たちは燃焼空気ファン前段に測定セクションを取り付けます。標準計量オリフィスにおける圧力低下が、エアフローの実測値になります。」バーナーの空気弁の位置は、特別なソフトウェアの助けを借りながら、燃焼空気比λが最適な値である1近くになるように正確に調節されます。

これにより、燃焼プロセスにおける過剰な空気が最小限に抑えられ、溶解プロセスにおける炉内での酸化も低減されます。バーナーが適切に調節されることにより、高い火炎温度および金属が溶解するのに適切な伝熱が確保され、省エネ省コストにつながります。

「私たちは、金属1トンあたり約7kWhの省エネ効果があるとお話しています。これは、年間約2,500ユーロに相当します。言い換えれば、毎時2トンの融解レートの場合、この一時投資は2年以内に回収されます」とHellenは付け加えています。

2018年から、この近化学量論的なバーナー調節は、当社のStrikoMelterモデルであるPurEfficiencyおよびBigStruc標準バージョンの納入物の範囲に含まれるようになります。その他のStrikoMelterモデルについては、オプションとして購入可能です。