Westomat(ウェストマット): 可能なオプション

ビスケット補正

ビスケット補正は、給湯精度を向上させ、不良率を低減します。給湯量は、生産工程全体で常に自動的に調整されます。

バスシステムは、ダイカストマシンからWestomatにビスケットデータを転送・評価し、必要に応じてさらに処理します。

試行錯誤されたビスケット補正システムは、これまでに150以上の販売実績があり、対応する数の鋳物工場で使用されています。給湯重量のドリフトを効果的に補正し、オペレータによる誤った設定を回避することで、プロセスの信頼性向上に大きく貢献しています。

ビスケット補正バージョンはさらに改良され、ProDos 3コントロールに完全に統合されているため、個別のSPSはもはや必要ありません。

オプショナルWebサーバー4.0

ProDos 3制御用のWebサーバーは、ローカルの企業ネットワークに統合することができます。これにより、関連するすべての情報をオフィスから簡単に呼び出すことができます。

例えば、炉内の圧力や溶湯の温度・重量を観察することができます。

さらに、誤動作通知および/または過去350サイクルのすべてのプロセスデータ(メモリデータ)も転送することができます。転送されたすべてのプロセスデータは、プロセス制御システムを使用してさらに処理することができます。さらに、診断ツールProDos Diagnosticsまたはリモート診断を介して簡単なサービス機能を使用することができます。本システムの高い安全基準により、外部からの介入が不可能であることを保証します。

ProDos 診断

– 給湯炉診断ソフト

診断ソフトウェアProDos Diagnosticsは、幅広い可能性を提供します。ビスケットを使用した給湯精度の包括的な分析、すべての運転条件を考慮に入れた給湯重量の表示、および個々の補正係数の設定におけるターゲットを絞った支援により、ユーザーは生産プロセスの安定性を一目で評価可能です。

インターフェースに問題がある場合、簡単なエラー認識を提供します。

これには、ダイカストシステムとWestomat間のすべてのインターフェース信号の記録、最後の給湯プロセスのインパルス図、最後のインターフェース不具合のインパルス図が含まれています。ソフトウェアのすべての機能を最大限に活用するためには、オプションのWebサーバーと接続して使用することが効果的です。これにより、検査中のWestomatのすべてのプロセスデータを数秒以内にデスクからダウンロードし、マウスを数回クリックするだけで分析することができ、エラーの原因を迅速かつ的確に検出することができます。

ProDos Diagnosticsソフトウェアは、Westomatのウェブサイトで実行できます。XP以降のすべてのWindowsシステムで動作します。

PneuCo - フランジ形ライザーチューブも同様

 PneuCoシステムは、電気的な位置検知に代わる非接触測定です。PneuCoシステムの空気圧制御は、圧力変化を利用して給湯パイプ内の液体金属の上昇位置を目的のレベルまで上昇させます。

空気圧コントロールの出力から小さな空気の流れが給湯管のスキャニングポイント(小さな穴)に導かれます。給湯管内の液体金属のレベルが上昇して空気の出口を覆うとすぐに、PneuCoシステム内の圧力が急激に上昇します。この上昇は圧力スイッチで検出され、給湯制御に送られます。この圧力スイッチは、従来の電気的スキャンで使用されている給湯コンタクトに対応しています。

 PneuCoは2種類のライザーチューブをご用意しています。

上昇管エッジクリーニング

アルミニウムのスレッドを切断することで、上昇管の端に金属の堆積物が蓄積するのを防ぎます。

上昇管の端部洗浄システムは、短いパルスの圧縮空気を上昇管の端部に吹き付け、主に2つの効果をもたらします。

  1. この領域では金属の堆積を防止します。これにより、エッジの高さが一定になり、給湯精度にプラスの効果が働きます。
  2. システム全体の稼働率の面で、この部分の手動洗浄サイクルを最小限に抑えることができます。

(ポーラス)プラグを炉床に内蔵

Westomatの槽内床部に組み込まれたポーラスプラグは、溶融物の品質を向上させるのに役立ちます。パージガス(通常は窒素N2)が溶湯中の水素を放出し、溶湯の密度指数を低下させます。これにより、溶融物の品質が向上します。
ポーラスプラグは、特殊な多孔質材料で作られており、プラグの表面全体に非常に微細なガス気泡を発生させることができます。これにより、溶融物を非常に良好に処理することができ、パージガスの消費量を削減することができます。洗浄間隔は、特定の要件に応じて制御装置に保存されており、個別に制御する必要はありません。お客様が用意しなければならないのは、不活性パージガスとパージガス注入モジュールへのパージガスラインだけです。

延長上昇管

特に鋳造構造部品の製造では、高品質の溶融物、一定の温度、給湯量の変動の少なさが特に要求されます。延長上昇管は、これらの要求を積極的にサポートします。

加熱されたライザーチューブは、圧力ダイカストマシンのショットスリーブに直接伸びるように設計されています。これにより、ライザーチューブの注湯端と圧力ダイキャスト機のショットスリーブの間の液体アルミニウムの流路が大幅に減少します。

 その結果、トランスファーラウンダー内の温度損失が実質的になく、酸化物の生成と水素の吸収が低減されます。また、溶湯の移動距離が短いため、給湯サイクルを短くすることができます。

1.5%の給湯精度

ProDos 3制御では、新たに開発されたソフトウェアのアルゴリズムにより、供給圧力曲線を利用して実質的に正確な給湯量を決定することができます。これにより、ビスケット補正に関連したWestomatの給湯精度が最大±1.5%まで向上し、圧力変動の補正と異なる補正係数を設定した場合の再現性が向上します。