アルミ鋳造の効率化を実現する

持続可能なアルミ鋳造を成功させるための溶解、搬送、給湯の最適解

アルミ工場の「違い」を見出すためのサポート

アルミニウム鋳造工場の効率を上げ、最終的に利益を上げるにはどうしたらよいのでしょうか?この問いに対する答えは一つではありません。しかし、検討を開始するのに最適な場所が一つあります。溶湯工場です。

金属を溶かすにはエネルギーを必要とします。そのため、溶融工場は鋳造工場全体の総消費量の77%を占めることもあります。また、全体的な生産性に不可欠なプロセスでもあります。 より良い溶湯=より少ないスクラップ。より良い溶湯の歩留まりが高ければ、高品質の鋳造部品をより多く生産することができます。

コスト削減と品質向上

この2つの間に妥協は必要ありません。私たちは長年にわたり、鋳物工場がその両方を達成できるよう特別に設計された炉のソリューションを開発してきました。より多くの金属をより早く溶かすためのエネルギー効率の良い方法がある一方で、鋳造前のあらゆる段階で汚染のリスクを軽減し、溶湯の品質を維持することも可能です。また、プロセスを合理化し、保護するための新しいデジタル技術の出現により、かつては困難だったこの両立がかつてないほど容易に実現できるようになりました。

サステナビリティ:より良い明日のために

エネルギー消費量が少ないソリューションは、ランニングコストが安いだけでなく、環境への影響も最小限に抑えることができます。適切なテクノロジーを導入することで、鋳造工場はよりスリムで環境に優しい工場となることができます。生産量や利益を犠牲にすることなく、有害な排出物を減らし、不要な廃棄物を削減し、最も厳しい規制ガイドラインを満たすことができます。さらに、鋳造工場がこれらの目標を達成するために設計されたソリューションは、よりクリーンで安全、かつユーザーフレンドリーであることが多く、現代の鋳造環境をより良い労働環境にするために役立っています。

ライブラリーをご覧いただき、ファウンドリーの効率化を実現するための方法を見つけてください。