StrikoMelter PUREFFICIENCY°(ピュアエフィシエンシー): 最もエネルギー効率の高い溶解炉

効率的な生産のための独自のメリット

PUREFFICIENCY° (ピュアエフィシエンシー)

主なメリット

99.75%の溶解歩留まり

489kWh/tのエネルギー消費

7,300日の長寿命

高い溶湯品質

Features

  • セルフシーリングドア
  • SMSフォルトメッセージモジュール
  • シャフト充填レベルレーザー

Applications

  • 高圧ダイカストマシン
  • 高圧ダイカストマシン - 構造部品用
  • 砂および重力鋳造

489 kWh/t - 最もエネルギー効率の高い溶解炉

世界で44,520tのCO2を削減しています。

2014年に世界中に納入されたStrikoMeltersだけでも、年間113万3,000トンのアルミニウム溶解能力があります。私たちは、関連するエネルギー消費に伴う責任を十分に認識しています。そのため、私たちは日々、エネルギー消費量の削減に取り組んでいます。その結果 2014年に設置されたStrikoMelterシャフト溶解炉は、他の方法で市場に出回っている溶解炉技術と比較して、年間44,520トンのCO2排出量を削減しています。これは、23,400台の車両のCO2排出量に相当する温室効果ガスを削減していることを意味します。

 

軽金属産業のための低単価化

炉に投資すると、耐用年数に伴うエネルギー消費とメタルロスが総コストの95%以上を占めます。このため、当社の開発者は常に新しいコスト削減技術に取り組んでいます。例えば、炉体、耐火ライニング、バーナーの設計を総合的に分析することで、有名なStrikoMelterの効率をさらに向上させることができました。エネルギー消費量の削減、最大の材料歩留まり、低摩耗、簡素化されたライニングコンセプト:PUREFFICEINCY°製品ラインは、効率的な生産のためのユニークな利点を提供します。

機能

 

StrikoMelterのシャフト形状と、予熱・加熱・溶融を1つの炉シャフトに組み合わせた特殊なバーナー技術を採用しています。下部で投入材料が溶融した後、排熱がシャフト上部で冷えた材料を加熱します。溶解原料とガスの逆流により、再生原理による排熱を極めて有効に利用することができます。プロセス上の理由から、燃料消費量とメタルロスが競合他社の製品よりもかなり低いことを意味します。溶融金属は乱流がなく、ドロスの発生が少ない状態で保持槽に移送されます。保持量は、溶融プロセスに依存しません。その結果、均質な組成、一定のタップアウト温度、最高の品質と純度を持つ溶融金属が、お客様の生産に利用できます。

Invest in a StrikoMelter

Save money and improve quality